遊牧民的人生 - a life as bedouin - qatar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

砂漠と遊牧民に魅せられ、気が付けば在住18年の筆者が綴る、カタル、タイ深南部、そして日本。


by mohtakec
プロフィールを見る

カテゴリ:PHOTOGRAPHY( 13 )


ストラップあれこれ


d0051702_13053209.jpg
 
 いつもストラップ選びには悩む。
 撫で肩なせいか、オシャレな細身のものはずり落ちるので使えない。
 幅広のものはバッグの中で場所をとる。

 そこに加えて仕事で動画も抑える必要が出てきて、ササッと取り外しができることという条件が加わってしまった。
 そこで使いやすいと評判のピークデザインのストラップを導入することに。
 ストラップが一体になったものは滑りやすそうな気がしたのと、手持ちのストラップを生かしたかったこともあって、アタッチメント部分だけのアンカータイプを購入した。

 装着して二週間ほど使ってみた感想としては「確かに着脱は楽ちん」。強度もあって、やや重めのフジの赤バッジなズームレンズを付けていても不安は全くない。
 ただ、自分の場合は移動時は片方の肩に掛け、撮影時にはストラップを手首に巻き付け、右手でグリップ部分を握ったまま保持するスタイル。
 これだとやや大きいアンカー部分がカメラ本体にカチャカチャと当たって、静かな記者会見場などでは耳障りだ。
 常に首から掛けているのなら問題にならないのだが、大きなクリップオンストロボも装着した状態のカメラでは取り回しが難しい。

 もう一つ気になったのは、ストラップ金具への取り付け。紐の系が太いためにカメラのストラップ金具に直接通すことができない。三角カンや二重丸カンを使って装着する必要があるのだが、そうすると支点が増えてしまって落ち着かない。

 このストラップは、一眼(レフ)カメラなどを動画主体で使用する前提で、必要に応じてストラップを装着するという使い方には合っていると思うが、自分の撮影スタイルにはやや不向きだったようだ。



Peak Design アンカーリンクス AL-2

[PR]
by mohtakec | 2017-05-21 13:20 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

Grand Mosque


d0051702_13354751.jpg
 
 基本的に仕事で撮影したものは国内各紙に掲載されるが、クレジットは付かない。その辺がインハウスカメラマンの辛いところ。
 ただし、政府系の仕事なので、一般人が入れないような場所や撮影が禁止されているところでシャッターを切ることが出来るのは役得か。

 ネットに上げる写真は、そういった仕事の待ち時間など合間にササッと撮ることが多い。

 機材をニコンからフジに切り替えて一ヶ月ほど経った。
 プライベートでは4年近くフジをメインに使ってきたので、新鮮味がない代わりに迷いも起きない。
 機材申請にあたっては、F2.8通しのズームレンズ2本以外に考えられなかったのだが、この2本が期待以上に素晴らしい描写で驚いている。
 これまで使ってきたXFレンズ群は他社とは一線を画するが、赤バッジと呼ばれる2本のズームレンズはそれを凌ぐ。それでいてコンパクト。ニコンD800に24-70F2.8をまるでダンベルのように振り回していたのは過去の話。動き回ることが多い取材系の仕事には、この軽さとコンパクトさは誰がなんと言おうと正義だ。


FUJIFILM X-T2
FUJIFILM XF16-55mm F2.8
Nissin Di700A Kit

[PR]
by mohtakec | 2017-05-15 14:02 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

動画撮影



 昨日の人事部主催のイベントの撮影は、久しぶりにニコン一式(D800+担いで行った。

 スチルの合間に、ちょっとショートクリップっぽいものも撮った。フォローフォーカスも何もないので、三脚に載せてピントも構図も固定だけど。
 あとでムービー班に送信したら、「うちらが使ってるソニー(の業務用カムコーダー)より画質が( ・∀・)イイ!! うちらが撮った奴はノイズが酷かったよ...」と。そりゃフルフレームとカムコーダーのセンサーを比べたら可哀想。そもそも現場はプロジェクターの投影のため照明が暗かったし、ライティングも何もできなかったから、高感度に強いD800の方がキレイに見えるのは当り前。

 昨日のはあくまでもお遊び。仕事で今後もムービー班のバックアップ的にショートクリップを撮っていくつもりだけど、それにはフジのカメラを使うことにしている。取り回しやスチルとの併用を考えたら、やっぱりミラーレスの方が楽だから。


[PR]
by mohtakec | 2017-03-15 13:42 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

出戻り


 一度は別のサービスに引っ越したが、なんとなくしっくりこなくて、またこの場所に戻ってきた。
 アドバンス契約に戻すかどうかはもうしばらく使ってみてから決めよう。

 
d0051702_14081320.jpg
 不在の間に機材も顔ぶれが変わった。
 今のメインは富士フイルムのX-Pro2。これに中国メーカーのMeike製50mmF2が最近の定番だ。
 過去記事を少しずつ整理しつつ、また新たな気持でやっていこうと思う。




[PR]
by mohtakec | 2017-03-13 14:11 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

祈るだけしか


d0051702_13304569.jpg

また、5年前と同じような気持ちが沸き起こる。
自分に何が出来るのかをじっと考える。
でも、5年前とは違う。
自分に出来る何かを少しは理解しているつもりだ。




[PR]
by mohtakec | 2016-04-17 13:32 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

写真の本質


d0051702_08130337.jpg
写真とは、「そこに何が写っているか」で語りたい。
「何で撮ったのか」なんてさして重要なことではない。



[PR]
by mohtakec | 2013-11-20 08:17 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

いつか見た


d0051702_21221047.jpg


現実は夢のように過ぎ去っていく。
[PR]
by mohtakec | 2013-11-19 21:23 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

D600 is coming .


d0051702_17164560.jpg


ついに発表になったニコンのD600

仕事でD700を使っているが、いい加減予備機がないと辛い状況だった。
今年発売になったD800はD700のサブとしてはオーバースペックだし、画質最優先の思想は自分の仕事あるいは撮りたい写真に対してシックリこなかった。

今度のD600は若干質感にコスト削減が見えるものの、機能的には申し分なく、D700とのコンビで良い仕事をしてくれることだろう。

果たして、巡礼に間にあうかどうか微妙だが、もし間にあうのなら是非とも持って行きたいと思っている。
[PR]
by mohtakec | 2012-09-13 17:20 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

DP2 Merrill


d0051702_13584849.jpg


発売から1ヶ月後に手に入れたSIGMAのハイエンド・コンパクトカメラDP2 Merrill。
噂通りの緻密な描写にすっかりやられてしまっている。

解像感だけでは言い尽くせない独特な感じのする描写は、他のカメラでは絶対に得られない。
そう分っているから、もはやどんなカメラにもワクワクできないのは、良いのか悪いのか。

単焦点であることも、EVFが付かないことも、どんな弱点も、モニタに映し出される画を見たら忘れてしまう。
[PR]
by mohtakec | 2012-09-11 14:02 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)

Destination


d0051702_3311698.jpg

[PR]
by mohtakec | 2012-09-02 06:51 | PHOTOGRAPHY | Comments(0)