遊牧民的人生 - a life as bedouin - qatar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

砂漠と遊牧民に魅せられ、気が付けば在住18年の筆者が綴る、カタル、タイ深南部、そして日本。


by mohtakec
プロフィールを見る

カテゴリ:THAILAND( 1 )


帰省


HIA

話が前後するが、今年もラマダーン終盤からの連休を利用してタイへ帰省した。

5月に開港した新しい空港(Hamad International Airport)から初めての出国。
関空やスワンナプーム空港を見慣れた身にはさほど驚きはなかったが、これまでのショボいドーハ空港を知っているだけに、その違いにはいちいち感動する。お店が増えたのはもちろんだが、レストランの充実ぶりがいい感じだ。
折しもラマダーンで断食中。荷物の関係もあって早めに空港に着いたので、その日の断食明けは空港内で迎えることになったが、持参した菓子パンは保存に回して、目についたシーフードレストランに入ってみた。妻は値段を気にしていたが、旅行の時くらいはそんなことを考えずに楽しみたいものだ。バックパッカーでもないのだし。

Bangkok Airport

バンコクでの国内線への乗り換えは約5時間。
とりあえず入国手続を済ませ、ネット用のSIMカードを買う。
プランの豊富さと手続きの簡単さは、日本の通信系企業も大いに見習うべきだ。

At my village

国内線で1時間半ほど。そこから更に車で2時間。今回は荷物が多いので、義妹が一人で車を運転して迎えに来てくれた。
いつものお約束通り市内のテスコ(英国系スーパー)で買出し。とはいえドーハのそれに比べたら見劣りするのだが。

Harvest

村ではイードが近いこともあって親族ほぼ勢揃い。義父母はマレーシアでの出稼ぎが禁止になって以来ずっと実家にいる。二人とも体を動かしていないと落ち着かないタイプだから、本当はマレーシアに戻りたがっているようだが、子供たちにしてみればいつも近くにいてくれたほうが何かと安心という本音もある。

数年前に実家のはす向かいに妻と二人で土地を買った。今年からそこに家を建てている。
いつ住めるかなんて分からないし、もしかしたら一生ドーハで働き続けるのかもしれないが、いつかのために帰る場所だけは確保しておきたかった。

その土地で採れた果物を頂きながら、ぼんやりと過ごす日々。

Saiburi

村には本当に何もない。
必要なものがあれば少し離れた町まで出掛ける。必要なものだけを買って帰る。
贅沢をしない、最小限の暮らしがここにはある。

Ready for Eid

断食が終わることが確認された日の夜は、実家の女性陣は大忙しだ。
翌日は親族やご近所さんが大勢やってくるから、出迎えのための食べ物などの準備。家族が明日着る服にアイロンがけ。他にも色々あるが、とにかく楽しい気分は盛り上がる。
結婚して以来しばらくは、イードは妻を一人で村へ帰していた。何もないドーハより、両親が姉妹と過ごすほうがいいだろうと思ってのこと。でもきっとそれは楽しさ半分だったのかもしれないな、と今更ながら思う。
[PR]
by mohtakec | 2014-08-08 15:25 | THAILAND | Comments(0)