遊牧民的人生 - a life as bedouin - qatar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

砂漠と遊牧民に魅せられ、気が付けば在住18年の筆者が綴る、カタル、タイ深南部、そして日本。


by mohtakec
プロフィールを見る

カテゴリ:DIARY( 75 )


近況


d0051702_18412146.jpg
 昨日も嫁さんと二人でハイパーマーケットへ。
 インド系資本の中では常に客数も多く、比較的商品の回転が早い店だ。
 欲しかったもので見つからなかったのは、ラバン(ヨーグルトドリンク)、100%ジュース、鶏肉といったところ。

 鶏肉は国産品が危機以前から出回っているが、出荷量が少ないところへ大量に客が買っていったために品切れになっている。恐らく棚卸しのタイミングに合えば手に入るだろう。
 ラバンは国産が元々少なかったこともあり、並んでいるのはトルコからの輸入品。数社あるようだが、どれも塩入りタイプなのが個人的には残念。
 同じく牛乳もフレッシュなトルコ産が並んでいるが、価格が高めなせいかあまり売れている様子はなく、いついっても棚にぎっしり並んでいる。
 長期保存のできるロングライフ牛乳は全く見当たらなかった。
 100%ジュースもこれまで殆どがサウジかUAE産だったため、棚は空っぽになっている。

 野菜や果物はイラン産やモロッコ産が並べられており、見た感じは今まで通りに賑やか。
 ただ、以前のオマーン産やヨルダン産に比べると、空輸されていることもあってか値段が倍近い。

 危機発生時点のような買い占め、買いだめは見られなくなった。
 当初危機感に煽られて買い占めしていた人の殆どがフィリピン人だったような気がする。インド人なども見かけたが、カート山積みに買っているような人はいなかった。出稼ぎとしてもまだ新参者のフィリピン人は、こういう事態に慣れていないのだろう。



[PR]
by mohtakec | 2017-06-18 18:49 | DIARY | Comments(0)

栄光


d0051702_19141148.jpg
 Al Jazeeraなどの関連ニュース更新も昨日と今日は少しペースが落ちている。
 事態は膠着状態に入ったということか。



[PR]
by mohtakec | 2017-06-17 19:20 | DIARY | Comments(0)

何でもない日


d0051702_23023693.jpg
 今日は金曜日ということもあってか、全体的に大きな動きはなさそうだ。

 スーパーマーケットなどは、ほぼ通常営業に戻りつつある。
 街中のあちこちで大きな国旗や首長の写真を見かけるようになった。
 これまでこんな光景は毎年12月のナショナルデーだけだった。
 みんなが内側からこの国を支えようとしている。

 駐カイロ大使が引き揚げたらしい。当然駐ドーハ大使も帰国するのだろう。
 国交断絶となれば当然大使館の完全閉鎖もある。現在7万人とも言われているエジプト国籍滞在者。パスポートの更新手続きなども出来なくなり、また直行便が飛ばないためにオマーンかクウェートを経由しなくてはならず、必然的に数が減っていくのではないかと思われる。

 長引くかもしれないが、それでも希望はあると信じたい。

[PR]
by mohtakec | 2017-06-16 23:18 | DIARY | Comments(0)

不安


d0051702_17523386.jpg

 状況は膠着状態が続いている。救いなのはカタル側が反撃の態度をまだ見せていないことか。
 ただ、先日のテヘランでのテロ事件に絡んで、様々な憶測が飛び交っており、これに呼吸を合わせるかのようにトルコやイランからのサウジ側に対する非難の声が大きくなりつつあるのは気がかりだ。

 気がかりといえば、サウジの出方だ。
 昨日はサウジのメッカへオマーン航空を使って小巡礼に向かったカタル人家族が、ジェッダの空港で足止めされ、「カタル人がハラムモスク(カアバ神殿)のエリアへ入ることは許可されない」と通達されたとの報があった。
 隣国では「カタルに同情的な発言をした者は禁固刑に処す」という、坊主憎けりゃなんとやら、もはや気違いじみた反応が次々と出てくる現状なら、サウジ軍による越境攻撃というシナリオもあながち妄想とは言い切れない。



[PR]
by mohtakec | 2017-06-12 18:04 | DIARY | Comments(0)

近況


d0051702_15165926.jpg
 サウジを中心とした四カ国によるカタルとの国交断絶の発表から2日が過ぎた。
 サウジから陸路で輸入されていた商品が国境閉鎖に伴って入ってこないのではという噂から、連日買いだめの客でごった返す各スーパーマーケット。
 確かに鶏肉や卵など該当諸国からの輸入が大半だった商品は棚から姿を消しているかのように見えるが、実際には客が大量に買い占めるために商品の陳列が間に合わないだけという場合が殆どだ。

 ただ、来週以降はどうなるか判らない。正直不安は募る。
 一方で、この地域の変わり身の速さを目の当たりにしてきた身としては、数日後には何事もなかったかのように元の鞘に収まっているのでは?という楽観的希望も持ち合わせている。

 この世界に、確実なことなど何一つないのだなと改めて思う。

[PR]
by mohtakec | 2017-06-07 15:22 | DIARY | Comments(0)

転換期


d0051702_14131082.jpg
 部長が突然交代して以来、仕事のペースがどんどん加速している。
 新しい部長は結構やり手。でも、部下それぞれの得手不得手はちゃんと把握している感じ。
 こちらが何を求めているのかも、ある程度は感じ取ってくれている。
 理想とまでは言わないが、これまでの上司とはちょっと違う印象だ。

 自分自身は撮影に没頭できればそれでいいし、その上で色々試せるのなら上等。

 

[PR]
by mohtakec | 2017-03-21 14:18 | DIARY | Comments(0)

夏がくる前に


d0051702_15310084.jpg

本格的な夏がくる前の一休みか、昨日は薄曇りの空にやや低めの気温。

せっかくなので妻と二人で近所の公園まで出かけた。

午後遅くに到着して、日が暮れるまで二人で少し小高い芝生の上に座って、何を眺めるでもなく。

d0051702_15310044.jpg
見上げれば、ナツメヤシの木が小さな実を付けている。
これが大きく実る頃にはラマダンが始まる。

d0051702_15310071.jpg

もう何度目のラマダンだろうか。

思えば、本当に遠い所まで来てしまった。


[PR]
by mohtakec | 2016-04-14 15:32 | DIARY | Comments(0)

ドーハでUberを試す


d0051702_17343219.jpg


車の調子が悪いので、点検修理に持ち込んだ。
簡単な修理なら友達のガレージか、GS併設のワークショップに持ち込むが、今回はちょいと重症っぽかったので、街外れにある去年オープンした正規工場へ。

幸い、今日中に仕上がるという返事だったが、さすがに数時間も待つわけにいかず。
この国で車を所有するにあたって、最大の難点は「点検や修理で預けると代車を出してくれない」ということ。日本のいたれりつくせりに慣れた身には結構不満を感じる部分。
しかも工場はたいがい街外れ。流しのタクシーもあまり走ってこないエリアの場合が多い。

それでなくともドーハはタクシーの評判が最悪。できれば乗りたくない。
そこで、ふと思って調べてみたら、あのUberがあるではないか。いつサービスインしたのだろう?既存のタクシー会社と競合することもあって、あまり大々的な宣伝をさせてもらえなかったのかな。

早速アプリを入れ、ネットで調べて初回ユーザー特典無料クーポンをゲット。
工場を出て、幹線道路沿いの拾いやすそうなとこまで歩き、そこからUberアプリを開いて、目的地を入力。3分ほどしてスーダン人ドライバーの運転する黒いアコードが。
どうもドーハ市内ではこの黒い車体のオリジナルUberしか走っていないらしい。日本では東京都内でのみサービスインしているUberだが、ハイヤータイプしかないと聞く。恐らくドーハも同じで、乗り合いタイプのUberPoolや安いUberXは認可が下りなかったのだろう。

ドーハに暮らして12年だという運ちゃん、あまりおしゃべりな感じではなかったが、こちらが日本人だと知ると「日本かぁ、いい国だよねー」と笑顔に。
普段はタクシー会社の運転手をしていて、休日のあいた時間にUberとして仕事しているらしい。儲からないよと。お客さんにはメリット色々あるけどね。それでも副業してないと、タクシーの給料だけじゃやってけないからさ。

アパートに着いて、運ちゃんが自分のアプリで到着手続きをするとすぐに領収書が自分のアプリに。今回はクーポンなので支払いは発生しない。
事前の見積もりでは、通常のタクシーと比べると割高な感じ。1.5倍くらいかな。
でも、車も新しくてキレイだったし、タクシーを待つ時間を考えたら、ありだと思う。
[PR]
by mohtakec | 2015-08-29 17:48 | DIARY | Comments(0)

ハッジ


d0051702_13212362.jpg


今年のハッジ(巡礼)の概要が出始めた。
今朝の新聞には「空路パッケージが29,000リヤル(約90万円)」との見出しが踊る。
これで滞在日数は10日ほど。
毎年ほぼ1,000リヤルほど値上がりし続けてきた。
アジア各国からのパッケージが「40〜45日」でほぼ同額。やはり割高感は否めない。

今年のハッジ、私的な事情があって辞退することになった。
恐らく今後も参加することはないだろう。計7回。もう十分だ。
[PR]
by mohtakec | 2015-08-16 13:39 | DIARY | Comments(0)

ぼちぼちと


d0051702_2050624.jpg


気がつけば、半年以上も放置したままだ。
その間に色々なことがあった。
[PR]
by mohtakec | 2015-08-15 20:57 | DIARY | Comments(0)