カテゴリ:ANYTHING ELSE( 7 )

大人であるということ

d0051702_16325864.jpg


 ネットを見ていて思うのは、自分の”特別性”を信じて疑わない人って、結構いるのだなということ。


 一人ひとりは違うし、一人として同じ人間などいないのだから、相対的に見れば誰もが”特別”なのだけれど、絶対的な意味での”特別な人”(つまり天才とか奇才とか言われるような人たち)なんて本当に一握りだ。


 若いうちはいい。奇をてらったような言葉遣いや行動も「若さ」という言葉で許されてしまう。でも、歳をとったらどうだろう。ネット上だけでも、あなた幾つですか?と聞きたくなるような年配者の滑稽な言動が目につく。


 アラブでは男も女も30歳を過ぎて独身だと話のネタにされやすい。

 無論、様々な理由で結婚しない人、出来ない人もいる。だから、結婚していないことで半人前扱いされることは殆どないが、少なくとも30歳を超えたら、大人としての落ち着きを求められるのは確かだ。


[PR]
by mohtakec | 2017-04-02 16:26 | ANYTHING ELSE | Comments(0)

無題

d0051702_17272221.jpg

Mosque @ Hamad International Airport / Fujifilm X-T1 - XF18-55mm F2.8-4 R LM OIS


毎朝、アラビア語の新聞を4紙読み通して切り抜きをするのが仕事の一つ。
そして日中はSNS上で日本語のニュースを目にする。
一日中、情報という得体のしれない何かに溺れる日々。

時折ふと何もかもから遮断された世界を夢見るが、そんなものはどこにもないことも知っている。
[PR]
by mohtakec | 2015-08-26 17:32 | ANYTHING ELSE | Comments(0)

忠誠心

Doha Skyscraper

[ Fujifilm X-T1 / Fujinon XF 14mm F2.8 R ]

日本人の多くは良い意味でも悪い意味でも「八方美人」なところがある。
もう少し柔らかく言い換えるなら「柔軟性がある」という感じか。

そこまでいかなくとも、東アジア全般には「なぁなぁ」で何とかなってしまう、いわば「懐の深さ」があるように思う。

しかし、それはアラブやアフリカ、とくに部族社会の中では通用しない。
こと湾岸に来る日本人には、意味もなく変な自信に溢れた人がよくいる。曰く、自分は誰とでも仲良くなれると。
誰とでも仲良くなれる(=八方美人)は、ここでは嫌われる。日和見主義者としか見なされない。
それでも、表面上トラブルが起きないのは、結局「お客さん」だからだ。そういう意味では出稼ぎ労働者層とたいして違わない。彼らはローカル社会に立ち入ろうなどと考えてもいない。自分たちの共同体の中で暮らし生きていくことが相応であることを理解している。

お客さんであることを理解し納得して暮らすのならば何ら問題はない。
要は自分の立ち位置を知った上で、それ以上を望まないことだ。
それでも足を踏み入れるなら、そこから先は義務が発生することを忘れてはならない。
そして、その義務には一切の言い訳は認められない。外国人であろうと、掟を破るものにはそれ相応の反応が返ってくる。

その共同体に対する「忠誠心」というものを想像かつ実感できないのなら、そこへ踏み込むことはやめたほうがいい。
[PR]
by mohtakec | 2014-08-07 15:19 | ANYTHING ELSE | Comments(0)

クリック

Shadow

[Fujifilm X-T1 / Fujinon XF 55-200 F3.5-4.8 R LM OIS]

「等価交換」
ある人気漫画に頻繁に出てくる言葉。簡単に言うなら「何かを欲するのなら、自分の何かを代わりに差し出す必要がある」ということだ。
つまり「痛み(あるいはそれに類すること)なく、何かを得ることはできない」と。

そう考えれば、クリック一つと人命救助ではあまりにも吊り合わないがするのだが...。
[PR]
by mohtakec | 2014-08-06 12:32 | ANYTHING ELSE | Comments(0)

伝道師

d0051702_105202.jpg


どんな分野でも"プロ"を自称する者が公に意見を述べるのなら、自分が調べ経験したものを元に事実をわかりやすく伝えるのも仕事の一つ。

もちろん客観的であることが万能だとは思わない。

しかし、自分の好き嫌いや抽象的な言葉遣いで話す、ましてそれを押し付ける。それはもう"プロ"ではなくて、ただの"エバンジェリスト"。
[PR]
by mohtakec | 2013-11-22 10:09 | ANYTHING ELSE | Comments(0)

外の世界で。

28歳の時に留学を決めて日本を離れ、あっという間に15年が過ぎた。

留学するにはギリギリの年齢だったと思う。
そして、あの留学が学生としての結果を求められるものだったとしたら、きっと今頃ここにはいなかっただろう。授業についていけるような才能なんて元からありゃしないのだから。

聴講生という自由な立場と、その立場を最大限に生かし、授業をサボって砂漠三昧の日々が、今の自分を形作ったと言ってもいい。
だからといって、これから留学してくる人達にはとても勧められる方法じゃない。

一つラッキーだったこと。それは30歳近かった年齢。
ローカルの中へ入っていく時、子供でもなく、かといって社会集団に受け入れられ難い年配者でもなく、子供たちからは年上として敬われ、年配者たちからは子供のように可愛がられる、ちょうどいい年齢だ。

15年なんてまだまだヒヨッコだ。
日本人からは「すごいですね」と言われるけれど、インド人たちが聞いたら鼻で笑われる。
毎日が戦争みたいなもんで、生き残るため、家族を養うため、皆必死で暮らしている。
夢のためなんて言ってる奴はここにはいない。

言葉が通じ、意思疎通に苦労もない、そんな祖国で何一つ形にできていない人間が、外の世界へやってきたところで何も成せはしない。世の中、そんなに甘くはないんだよ。
[PR]
by mohtakec | 2013-06-16 15:34 | ANYTHING ELSE | Comments(0)
d0051702_17491430.jpg


ムスリムが豚を食べないのは、戒律だからであって、そこに科学的なアプローチを試みたところで意味などない。
勝手に結論づけて「なるほど(合理的だね)」と膝を打っても、それで信仰を持たないのなら、結局のところは納得していないのと同じだ。

ネットを見ていると、聞きかじった僅かな知識だけで「イスラームはこうである」「アラブ人は、ムスリムは…」と語っている人が時折いる。
ムスリムは何かに直面した時に勝手な判断をせずに、知識豊富な学者に判断を仰ぐ。思い込みだけで何かを語れば、本人の意志とは関係なく、却って対象を辱めたり、間違った情報を流布させることにもなりかねない。
[PR]
by mohtakec | 2012-07-16 17:50 | ANYTHING ELSE | Comments(0)

カタル、タイ、時々ニッポン


by mohtakec