遊牧民的人生 - a life as bedouin - qatar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

砂漠と遊牧民に魅せられ、気が付けば在住18年の筆者が綴る、カタル、タイ深南部、そして日本。


by mohtakec
プロフィールを見る

近況


d0051702_18412146.jpg
 昨日も嫁さんと二人でハイパーマーケットへ。
 インド系資本の中では常に客数も多く、比較的商品の回転が早い店だ。
 欲しかったもので見つからなかったのは、ラバン(ヨーグルトドリンク)、100%ジュース、鶏肉といったところ。

 鶏肉は国産品が危機以前から出回っているが、出荷量が少ないところへ大量に客が買っていったために品切れになっている。恐らく棚卸しのタイミングに合えば手に入るだろう。
 ラバンは国産が元々少なかったこともあり、並んでいるのはトルコからの輸入品。数社あるようだが、どれも塩入りタイプなのが個人的には残念。
 同じく牛乳もフレッシュなトルコ産が並んでいるが、価格が高めなせいかあまり売れている様子はなく、いついっても棚にぎっしり並んでいる。
 長期保存のできるロングライフ牛乳は全く見当たらなかった。
 100%ジュースもこれまで殆どがサウジかUAE産だったため、棚は空っぽになっている。

 野菜や果物はイラン産やモロッコ産が並べられており、見た感じは今まで通りに賑やか。
 ただ、以前のオマーン産やヨルダン産に比べると、空輸されていることもあってか値段が倍近い。

 危機発生時点のような買い占め、買いだめは見られなくなった。
 当初危機感に煽られて買い占めしていた人の殆どがフィリピン人だったような気がする。インド人なども見かけたが、カート山積みに買っているような人はいなかった。出稼ぎとしてもまだ新参者のフィリピン人は、こういう事態に慣れていないのだろう。



[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mohtakec | 2017-06-18 18:49 | DIARY | Comments(0)