ドーハでUberを試す

d0051702_17343219.jpg


車の調子が悪いので、点検修理に持ち込んだ。
簡単な修理なら友達のガレージか、GS併設のワークショップに持ち込むが、今回はちょいと重症っぽかったので、街外れにある去年オープンした正規工場へ。

幸い、今日中に仕上がるという返事だったが、さすがに数時間も待つわけにいかず。
この国で車を所有するにあたって、最大の難点は「点検や修理で預けると代車を出してくれない」ということ。日本のいたれりつくせりに慣れた身には結構不満を感じる部分。
しかも工場はたいがい街外れ。流しのタクシーもあまり走ってこないエリアの場合が多い。

それでなくともドーハはタクシーの評判が最悪。できれば乗りたくない。
そこで、ふと思って調べてみたら、あのUberがあるではないか。いつサービスインしたのだろう?既存のタクシー会社と競合することもあって、あまり大々的な宣伝をさせてもらえなかったのかな。

早速アプリを入れ、ネットで調べて初回ユーザー特典無料クーポンをゲット。
工場を出て、幹線道路沿いの拾いやすそうなとこまで歩き、そこからUberアプリを開いて、目的地を入力。3分ほどしてスーダン人ドライバーの運転する黒いアコードが。
どうもドーハ市内ではこの黒い車体のオリジナルUberしか走っていないらしい。日本では東京都内でのみサービスインしているUberだが、ハイヤータイプしかないと聞く。恐らくドーハも同じで、乗り合いタイプのUberPoolや安いUberXは認可が下りなかったのだろう。

ドーハに暮らして12年だという運ちゃん、あまりおしゃべりな感じではなかったが、こちらが日本人だと知ると「日本かぁ、いい国だよねー」と笑顔に。
普段はタクシー会社の運転手をしていて、休日のあいた時間にUberとして仕事しているらしい。儲からないよと。お客さんにはメリット色々あるけどね。それでも副業してないと、タクシーの給料だけじゃやってけないからさ。

アパートに着いて、運ちゃんが自分のアプリで到着手続きをするとすぐに領収書が自分のアプリに。今回はクーポンなので支払いは発生しない。
事前の見積もりでは、通常のタクシーと比べると割高な感じ。1.5倍くらいかな。
でも、車も新しくてキレイだったし、タクシーを待つ時間を考えたら、ありだと思う。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by mohtakec | 2015-08-29 17:48 | DIARY | Comments(0)

カタル、タイ、時々ニッポン


by mohtakec